月夜の空気に包まれる『ムーン・ジャンパー』

静岡県は静岡市にある、子どもの本とおもちゃのお店百町森(ひゃくちょうもり)」。

夢のように楽しいお店で出会った、『ムーン・ジャンパー|偕成社(2014年)』という絵本を紹介いたします。

作者紹介

  • ジャニス・メイ・ユードリー|文
  • モーリス・センダック|絵
  • 谷川俊太郎|訳

『木はいいなあ』のジャニス・メイ・ユードリー、

『かいじゅうたちのいるところ』のモーリス・センダック。

谷川俊太郎さんは言わずもがなですが、『スイミー』など外国絵本の翻訳も数多くされています。

名の知れたお三方ですが、この絵本に出会ったのは初めてでした。

調べてみると、1983年に講談社から『月夜のこどもたち(岸田衿子訳)』というタイトルで出版されていたようです。

現在は流通していないようですが、岸田衿子さんの訳も読んでみたいので図書館で探してみようかな。

夏の夜のおはなし

タイトルと表紙に見られるとおり、月夜が舞台の絵本です。

くたびれたお日様が丘へおり、月が昇った夏の夜。

家から出てきた4人の子ども達は裸足で草を踏み、風と駆け、夜の自由を謳歌します。

1匹の黒猫がそんな子ども達の様子を見守っています。

月の光に照らされて・・・

「詩的な文章&白黒のカット絵」と、「見開きページいっぱいに描かれたカラーの絵」とがページをめくると交互に表われます。

この、カラーの見開きページが夢のように美しい

月に照らされた草木の静かな輝きと、色鮮やかにおちる陰のやわらかさ。

眺めていると、その情景から生まれる空気に包まれていくようです。

今までで1番好きな絵本かもしれない

お店で面出しされていたわけでもなく、沢山の絵本が背を並べる中

ムーン・ジャンパー」という綺麗な言葉にギュッとつかまれ、目が離せなくなりました。

絵本に出てくるのは1匹の黒猫と4人の子ども達ですが、この本を開いている間は

自分もこの子達と同じくらいになって、一緒に月夜を楽しんでいるかのようです。

最後は家からお母さんに呼ばれ、ひんやりとしたベッドに入り、明日に向かっていく。

大人になった今、生活の中には苦労がたくさんあります。

でも、この月夜に遊ぶ時間は、どこまでも自由で何よりも優しい

完全に大人目線で好きになった絵本ですが、私は大人の方にこそプレゼントしたいなぁと思います。

こんな方にオススメです

対象年齢:4歳から(偕成社HPより)

  1. この夏、少しくたびれてしまった方
  2. 夜の静かな情景が好きな方
  3. 大人の方への贈り物を探されている方
  4. 黒猫が好きな方

コメント

タイトルとURLをコピーしました